きのとやバームクーヘン

2013年、きのとや30周年の記念菓として『きのとやバームクーヘン』は誕生しました。

創業以来30年にわたって積み重ねてきた、洋菓子づくりの技術を活かし、

配合と製法に工夫を凝らして、一層一層、丁寧に焼き上げました。

北海道産の良質な小麦粉・発酵バター・生クリーム・てんさい糖などを使用。

オーブンの中で回転しながら焼き上げられ、バームクーヘンの年層は26〜28層にもなり、バームクーヘン職人がつきっきりで、層をならしながら時間をかけて焼き上げます。

手間と時間を惜しまず、一本一本丁寧に作られています。

焼き上がったバームクーヘンの最終工程は、小さなお鍋でお砂糖とラム酒を煮詰めたグラスを少しずつ垂らしゴムベラでならしながら、バームクーヘンの周りに一層加え丁寧に仕上げます。

バームスタンドに置き、冷まして固まるまで時間を置き、最後にカットをして完成します。

白石本店のガラス張りのバームクーヘン工房では、上記の一連の作業をお客様に目で見て楽しんでいただけます。

ムービーはこちらから▼
(※イメージムービーのため、工程は一部短縮し撮影されています。)

トップに戻る